コウノトリ舞うまちで 新たなステージへ

豊岡市で 新たなステージへ


平成17年(2005年)9月、日本の自然界で一度は姿を消したコウノトリが、40年におよぶ人工飼育を経て、再び豊岡の空にはばたきました。一度は姿を消した野生動物を飼育下で繁殖させ、かつての生息地である人里に帰していくことは、世界にも例のない壮大なプロジェクトです。
 コウノトリも住むことのできる豊岡市の環境(自然と文化)は、人間にとっても持続可能で健康的に暮らすことができる環境に違いありません。
 コウノトリ舞うまち豊岡市では、環境と経済の共鳴した環境都市「豊岡エコバレー」の実現を目指し、工場等の設置をお考えの企業の皆様を全力でサポートします。 

企業立地サポート窓口
豊岡市では、企業誘致を積極的に進めるため、平成22年度から専属部署を設置しています。担当職員による企業立地ワンストップサービスの仕組みを整え、迅速かつきめ細やかなサービスを提供しています。
企業の皆様に、豊岡市に立地していただくことに関して、全力でサポートいたしますので、どんなことでもお問合せください。




アクセスマップ
豊岡市役所 環境経済部 エコバレー推進課
 (豊岡市役所 本庁舎2階)



大きな地図で見る

〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町2-4 
TEL:0796-23-4480 FAX:0796-22-3872
E-mail:
ecovalley@city.toyooka.lg.jp